ノベロン

低価格なジェネリック低用量避妊ピルはノベロン

ノベロンとは低用量避妊ピルである「マーベロン」のジェネリック医薬品です。

 

 

まずこの低用量避妊薬と言うものが何なのか説明します。

 

 

確実に避妊するためにはピルを飲む事が一番安全だと言われています。

 

 

しかしホルモン治療で使われる中・高濃度ピルは避妊の効果もありますが副作用も強かったのです。

 

 

避妊のみであればそれほどの容量は必要ないので副作用が軽減されなおかつ避妊に対して効果がしっかりある薬が開発されました。

 

 

それが低用量避妊薬です。

 

 

避妊以外にも月経痛や、軽度の月経不順、月経前症候群や子宮がん予防に効果があると期待されています。

 

 

主成分として、子宮内膜への受精卵の着床を阻害する働きを持つ卵胞ホルモンと排卵を抑制する働きを持つ黄体ホルモンの二つの女性ホルモンが配合されています。

 

 

摂取の方法を間違えなければほぼ確実に避妊出来ます。

 

 

黄体ホルモン薬デソゲストレが0.15mg、卵胞ホルモン薬エチニールエストラディオールが0.03mg、配合されています。

 

 

低用量ピルの中でもホルモン含有量が少なく副作用が軽いと言われています。

 

 

使用方法が簡単で分かりやすいのもノベロンの特徴です。

 

 

月経の1日目から1日1錠を3週間続けて服用して、その後の1週間服用をお休みします。

 

 

これを繰り返します。

 

 

この時服用する時間は一定であるように気を付けます。

 

使用方法・副作用

副作用としては従来の、吐き気、むくみ、出血などが報告されていますが、体が慣れてくると自然に改善されてきます。

 

 

その他には血栓症を起こしやすくする可能性があるとされています。

 

 

手足の痛みやしびれを感じたら服用をすぐに中止して医師に相談しましょう。

 

 

服用前の注意事項は、アレルギーや持病がある場合事前に意思に相談の上服用を決定すること、血栓の持病の場合は使用不可能となっています。

 

 

使用中は飲み忘れないことが一番大切です。

 

 

飲み忘れた場合1日以内なら、気づいた時にその日の分をすぐ服用し、二日忘れてしまったら次の月経まで中止にしてやり直します。

 

 

その間は他の方法で避妊しなければいけませんから注意しましょう。

 

 

風邪薬等を併用する場合は、事前にピルを飲んでいることを伝えて下さい。

 

 

このノベロンは避妊に必要な有効成分がギリギリしか含まれていません。

 

 

他の薬を服用すると効果が薄くなってしまう事もあるのでこれも注意が必要です。

 

 

処方してもらうには、医師の診察が必要になり、保険も利きませんので自費負担となりますが、このノベロンはジェネリックになりますので先発薬よりも大幅なコストダウンが出来継続の負担を減らす事が出来ます。